87年 シボレー K5 ブレイザー 4X4 ご納車 2013年7月5日

P102046487年 シボレー K5 ブレイザー シルバラード 4WD(`87 Chevrolet K-5 Blazer Silverado 4X4)と新しいオーナー様である島根県在住S氏です。筆者は島根県を訪れたことが無かったので今回K-5で800Kmの距離を自走し、登録、ご納車いたしました。深夜1時に世田谷を出発し、東名高速道路、新東名高速道路、伊勢湾岸自動車道、東名阪自動車道、新名神高速道路、中国自動車道、米子自動車道、そして山陰道をとおり松江の陸運局にたどり着いたのは11時、この26歳のK-5は快適なドライブをさせてくれました。(出発前に120Lタンクを満タンにして、念のため松江にて給油しましたが、給油なしでたどり着くことが可能でした。)今回改めてK-5 ブレイザーの高速での安定性、快適さを実感いたしました。 S様、この度はお買い上げありがとうございました、今後ともよろしくお願いいたします。 今話題の出雲大社まで30分ほどの場所でしたが、仕事仕事! 次回はゆっくりと山陰地方を旅してみたいものです。。。。。

76年 アーリーブロンコ 2013年7月5日

P1020466そして帰りの相棒が`76 Ford Bronco Ranger(76年 フォード アーリーブロンコ レンジャー 4WD)です。800Km、12時間のドライブ、頑張ってくれた筆者よりも1歳年上のワークホース!さすが、ビンテージ・4X4!

Mr. KAZ YoshiokaとビンテージFOMOCO 2013年7月4日

P1020708今朝方、小雨が降っている中お越しいただきましたのはアメ車専門誌のパイオニア的存在、「エーカーズ」誌のよしおか 和氏です。撮影を開始した10時半ころにはピタッと雨が止んだのは‘日頃の行いが良い為‘でしょうか?この手のビンテージ アメリカ車に精通した氏の指示のもと、さまざまなロケーションを移動しながらこのVintage FOMOCOを撮影いたしました。 よしおかさん、今日はお疲れ様でした、いつもありがとうございます。

シボレー サバーバン 横のスタイル 2013年7月2日

P102066629日のデイリーニュースでお伝えいたしました`89年 シボレー V-1500 サバーバン シルバラード 4WD(`89 Chevrolet V1500 Suburban Silverado 4X4)のリアサスペンションをオリジナルの戻す作業が完了いたしました。フロントが少し上がった「テイクオフ・スタイル」になり、より重厚感が増しました。ホイールリング付のGMラリーホイールに31インチA/Tタイヤのセット、「大人のビンテージSUV」ですね。

ダッヂ ラム デューリー 2013年7月1日

P1020615Face Bookでも紹介しましたダッジ ラムです。先日、久しぶりに遊びにいらっしゃった埼玉県在住のY様。20年来お付き合いをさせていただいており弟さま、お父さまも城南ジープにてフルサイズ シボレー(弟様は`91 シボレー V2500 サバーバン、お父様は新車で`96 シボレー タホ 4ドア)をご購入いただきました。 `01年ダッヂ ラム デューリー( Dodge Ram “Dually“)に乗って登場しあまりのデカさに1枚 パチリ。  ドノーマルのV10 Ram渋い!!  Y様、また遊びにお越しください。次回は相棒のヴィンテージ・ギターも見せてください!

泥んこ 4駆遊び楽しかった。  2013年6月30日

IMG_0998先月12日の城南ジープイベント「テールゲーティング・パーティー2013」の際オフロード走行をした勇士たち?! 左から`06 Jeep TJ Wrangler Unlimited Rubicon(2006年 ジープ TJラングラー アンリミテッド ルビコン)、`90 Chevrolet K-5 Blazer Silverado 4X4(1990年 シボレー K5ブレイザー シルバラード 4WD)、`91 シボレー K-5 ブレイザー スターパッケージ、86年 シボレー K5ブレイザー スターパッケージ、そして`91年 シボレー K-5 ブレイザー StarPackageです。  ドロドロになった後の洗車、お疲れ様でした。

写真提供グランド・ワゴニアにお乗りのI氏。

シボレー サバーバン リアサスペンション作業 2013年6月29日

P1020634ニューストックの`89 Chevrolet V1500 Suburban Silverado 4X4(89年 シボレー V1500 サバーバン シルバラード 4WD)のリアサスペンションには社外品のヘルパースプリング(増しリーフ)が装着されておりました。私どもではケツ上がりのスタイルではなく前が上がった「テイクオフスタイル」を好むので今日はその‘増しリーフ‘外しの作業を行いました。 絶対カッコよくなるから乞うご期待ください!

フォルクスワーゲン TypeⅢ 2013年6月28日

VW TYPE 30760年代から西海岸で人気のあった西ドイツ製パッセンジャーカー フォルクスワーゲン タイプⅢノッチバック(Volkswagen TypeⅢ Notchback)です。ブラック・カリフォルニアライセンスプレートを付けたミントコンディションな1台で、ポルシェのホイールを装着しているのは70年代の流行です。左奥にはキレイなTypeⅡがいたりと旧車好きには涙モノのクラシックカー・イベントでした。

カリフォルニアにて撮影。

Vic Hickey BLAZER 2013年6月27日

vic hick一昨日に引き続きアメリカン・オフロードレジェンドの一人、Vic Hickeyの手がけたブレイザーをご紹介いたします。`71 Chevrolet K-5 Blazer CSTをベースにアルミホイール、バイヤス・オフロードタイヤ、写真では見えませんがアルミ製デフカバーを装備しております。ドアに書かれたHICKEYのロゴが70年代っぽくていい雰囲気です。 こういうビンテージなオフロードタイヤの再販を願うばかりです。。

69年 シボレー BAJA マシーン 2013年6月25日

69 C10 steve 1Chevroletが公式にBAJA 1000に送り出した初のワークス車両が`69 Chevrolet C10(69年 シボレー C10 何故かK10ではなくC)です。写真は故スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)が所有していたそのもので、この度北米でのクラシックカー・オークションに出品される模様。パワートレインは熱対策を考慮しビッグブロックでなくタフな350 V8、ミッションはH/DはTH400を搭載しております。ホイールは私共で販売した`73~`80 K-5などでおなじみのホイールカバー付、6JX15のスチールホイールでバイヤスのオフロードタイヤ(当時のオリジナル!)が付いております。ルーカスのフォグランプ、ユニオン76ガスステーションやクレーガー、Vic Hickeyのデカールはオリジナルというから私達にはヨダレもの1台です。 エンジン音を聴いてみたい!

バハマシーンのインテリア 2013年6月25日

69 c10 steve2内装に目を移すとコルベットのバケットシートが目立ちます。そしてHurst社製のシフト、トランスファレバーはトンネルの助手席側にオフセット、径の小さいステアリングホイール。まさに男の仕事場といった雰囲気です。

アメリカン・レーシングレジェンド 2013年6月25日

hickey`69 Chevy C-10(4X4)のバハレーサーの際に触れたヴィック ヒッキーVic Hickeyとは何者か・・・。FordのBAJA Bronco(`66~‘77年 アーリーブロンコベースのバハブロンコ)のようにGMではVic Hickey(一時期ジェネラルモータースで4輪駆動車の開発に携わっており、軍用車なども担当をしていた経歴を持つ)の制作したK-5やK-10などをベースとしてレーシング・マシンがバハ1000など70年代のオフロードレースに出場しておりました。Vic Hickey Enterprisesという名のシボレー、GMC 4X4用アクセサリーパーツメーカーをヴェンチュラ・カリフォルニアで営んでおりました。 ミッキートンプソン、パーネリージョーンズ、そしてビルストロップらと並ぶアメリカン・レーシングレジェンドの一人なのです。 写真は1975年のカタログ表紙です。  渋いでしょ!

旧車 フォード専門店?! 2013年6月24日

P1020571今日はビンテージ・フォードの取材とのことで株式会社ぶんか社、「The American Automobile Magazine」アメ車マガジンの皆様がいらっしゃいました。左より`65 Ford Mustang 2+2と`76 Ford Bronco Ranger、そしてちょこっと`66 Ford Fairlane 500 Stationwagon(65年 フォード マスタング 2+2、76年 フォード アーリーブロンコ・レンジャー、66年 フォード フェアレーン 500 ステーションワゴン)です。詳細は7月15日発売の9月号をお楽しみください。 編集部の木村さん、高坂さん、そして古閑カメラマンさんお疲れ様でした。

ロングビーチ港へ向けて 2013年6月23日

TO LA PORT4現在太平洋上でプカプカとしており間もなく本牧港に到着する`74 Chevrolet K-5 Blazer Cheyenn 4X4(`74年 シボレー K5ブレイザー シャイアン 4WD)がローダーに積み込まれるところです。 Bye Bye! 日本に行ってきまーす!

新規入庫車 86年キャブレター最終型 ブレイザー 2013年6月22日

1986 K5 Blazer17南カリフォルニアで27年間暮らしていたワンオーナーK-5を仕入れることができました。アップルレッドとフロストホワイトのスペシャルツートンがまぶしい1986年キャブレターエンジン搭載最終型です。27年間ドライな気候のCAでガレージ保管されていたためボンネット、屋根以外はオリジナルペイント、インテリアは全て工場を出たままの生地がコンディション良く残っておりこの個体がいかに大事に扱われたいたかを物語っております。GM純正ラリーホイールには31X10.5R15A/Tタイヤを装着しており、当時のディーラーオプションであったランニングボードも装着されております。   現在太平洋上におります「タイムカプセル」な1台です。

前オーナーと日本へ旅立つK-5 2013年6月22日

OWNER27年間愛情をもって乗ってきた前オーナーご夫妻と、東京へ旅立つ前のK-5。ブルーのカリフォルニア・ライセンスプレートが歴史を物語っております。最後の記念撮影をしました。これからも日本で大事にいたします!

アストロの後継?シボレー シティーエクスプレス 2013年6月21日

2015 Chevrolet City Expressシボレーが2014年秋(2015年モデルとして)発売を開始するとアナウンスされたばかりのニューモデルです。あれ、どこかで見たような・・・と思った方、そのとおりで現在国内でも見かけるニッサンNV200バネットがベースとなっております。北米では写真のChevrolet City Express(シボレー シティーエクスプレス)の他にニッサンブランドでも販売をするようで、国内仕様の1,600㏄エンジンに比べ、2,000㏄4気筒とCVTの組み合わせになるようです。 ニューヨークシティーでは今年の秋からNissan NVベースのイエローキャブが走ることが決まっており、ニッサンの商用車が世界に認められたようで嬉しいニュースです。

77年 ビンテージ アメリカンSUV ご納車いたしました。 2013年6月20日

P1020439都内在住K様ご家族へご納車いたしました`77 Chevrolet K-5 Blazer Cheyenne 4X4(77年 シボレー K5ブレイザー シャイアン 4WD)です。30年以上前のキャブレター、コラムマニュアルのハイエースみたい!とさまざまな車歴をお持ちのK様にしばらくはお楽しみいただき数年後には運転免許証を取得する写真に写るご子息がお乗りになるそうです。 この度はお買い上げ誠にありがとうございました、今後ともよろしくお願いいたします。

ヘビーデューティーな2500シリーズ サバーバン 2013年6月18日

91 Suburban13サミットホワイトのボディーにブルーのクロスインテリア、シルバラードトリムの2500シリーズサバーバンが入庫いたします。南カリフォルニアで22年間過ごしていた2オーナーカーでとってもレアなホイールカバー付純正スチールホイールには235/85R16のナローなタイヤが装着されており、クラシカルな雰囲気を演出します。パワートレインはおなじみの350 EFIエンジン、そして4L80Eトランスミッション、リアにはGM14ボルトデフとヘビーデューティーな駆動系を装備したまさに3/4 2500シリーズならではのモデルです。

 

いかにも80年代 シボレー サバーバン V-1500 シルバラード 2013年6月17日

P1020507現在最終仕上げ段階となりました`89 Chevrolet V1500 Suburban Silverado 4X4(`89年 シボレー V-1500 サバーバン シルバラード 4WD)です。オニキスブラックのボディーカラーに80年代終わりから90年代にかけて西海岸で流行したピンストが入っておりネオクラシカルな雰囲気いっぱいのフルサイズSUVです。

トレイラーリング スペシャル! 2013年6月16日

IMG_2501このたび本国よりやって参ります`74 Chevrolet K-5 Blazer Cheyenne 4X4(`74 シボレー K5 ブレイザー シャイアン 4WD)のテールゲートに付くエンブレムがこれ。8000ポンドおよそ3,600Kgまで牽引可能と誇らしげに謳っておりますTrailering Specialエンブレム。このオプションは主にパワーステアリング、ヘビーデューティー・オルタネーターを装備しているということで今となってはこのエンブレムが貴重品なのです。